元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀出来事

金融 証券食品 料理文化 ギフト美容 結婚仕事 資格教育 学校旅行 観光人気 流行
運勢 未来健康 医療golfPet
人気ブログランキングへ メタボ対策サプリ | メタボ 食事コントロール法 | がん患者のかたへ
メタボリック症候群高血圧動脈硬化糖尿病がん治療腎臓病食事療法

メタボリック症候群と胴回り

メタボ時代の世界初サプリ!!「アディポリック」


メタボリック症候群と胴回り
メタボリック症候群と生活習慣病予防

図解でよくわかるメタボリックシンドローム 内臓脂肪症候群

図解でよくわかるメタボリックシンドローム 内臓脂肪症候群

  • 作者: 和田 高士
  • 出版社/メーカー: 保健同人社
  • 発売日: 2006/11
  • メディア: 単行本



メタボリック症候群と胴回り≫続きはこちら
posted by メタボリック症候群 生活習慣病 記録の細道 at 11:09 | Comment(0) | メタボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウイルス性肝炎対策

48時間採取の新鮮なローヤルゼリー


ウイルス性肝炎対策
メタボリック症候群と生活習慣病予防


人生の幸せは肝臓で決まる

人生の幸せは肝臓で決まる

  • 作者: 阿部 博幸
  • 出版社/メーカー: 青萠堂
  • 発売日: 2007/06
  • メディア: 単行本


日本のB型肝炎C型肝炎の患者数は合わせて約300万人で、日本最大の感染症となっています。
そのため、日本ではウイルス性肝炎への対策に取り組んでいます。
2008年から、その対策の1つとしてB型肝炎とC型肝炎のインターフェロン治療への医療費助成が開始されています。
そして、インターフェロン治療への医療費助成を柱として、肝炎ウイルス検査の促進、肝炎に対する正しい知識の普及、研究推進、健康管理、肝硬変・肝臓がん患者への適切な対応など、この病気への新たな総合的な対策が実施されています。

肝炎の治療には、インターフェロンやウイルスの増殖を抑える抗ウイルス薬を投与する抗ウイルス療法と、抗ウイルス療法で効果が得られない場合に行う肝庇護療法があります。
インターフェロンによって、B型肝炎は約3割、C型肝炎の場合は約5〜9割の人が、根治が可能です。
インターフェロンは副作用が強い薬であるために医者との充分な相談が必要です。
インターフェロンとは、ウイルスや細菌に感染した時に、体の細胞が作り出すタンパク質の一種です。
B型肝炎とC型肝炎の治療だけでなく、がん治療などの病気にも用いられます。
しかし、インターフェロンでの治療は高額のため、その治療を行う人が多くはありませんでした。
そこで、早期治療を促し、肝硬変や肝臓がんに進行させないための対策の1つとして、インターフェロン治療への医療費助成が決定されたのです。
インターフェロン治療の医療費助成額は、世帯所得によって自己負担限度額は1ヶ月につき1万〜5万円です。
病気に万が一かかっても、このような助成などを活用し、病気の早期治療によって大切な命を守ってください。

人生の幸せは肝臓で決まる≫続きを読む
posted by メタボリック症候群 生活習慣病 記録の細道 at 06:44 | Comment(0) | 病気ウィルス対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メタボリック症候群と薬

メタボリック対策サプリメント


メタボリック症候群と薬
メタボリック症候群と生活習慣病

メタボリックシンドロームリスク管理のための健診・保健指導ガイドライン

近代は医学が進歩し、薬によってあらゆる症状を改善することができるようになりました。しかし薬には必ず副作用があり、人の体に少なからず負担をかけてしまいます。
メタボリック症候群と薬≫続きはこちら
posted by メタボリック症候群 生活習慣病 記録の細道 at 06:22 | Comment(0) | メタボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メタボリック症候群と医療費

下腹ダイエットの決定版!



メタボリック症候群と医療費
メタボリック症候群と生活習慣病

メタボが気になる人の健康ごはん (オレンジページムック)

メタボが気になる人の健康ごはん (オレンジページムック)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: オレンジページ
  • 発売日: 2008/05/17
  • メディア: 大型本


近年日本では特定健診制度が始まり、国におけるメタボリック症候群の予防対策が強化されましたが、その背景には日本の医療費の増大があります。
現在、日本の医療費は年間30兆円を超えています。また今後高齢化社会が進むにつれて、さらに医療費は増え続けていくことが予想されています。メタボリック症候群が進行してさらに深刻な病気にかかると、その治療に高額な費用がかかります。メタボリック症候群の段階で対策を行うことによって国の医療費が抑えられると同時に、各家庭における医療費も抑えられるのです。
増大している医療費の内訳をみると、約3割は生活習慣病、中でも糖尿病に関連した費用が最も多くなっています。そこでメタボリック症候群の人を減らすことが医療費の抑制につながると考えられるのです。
社会保険庁の調査では、肥満、高血圧、高コレステロール、高血糖の4つについて異常がある人は、異常がない人に比べて10年後の医療費が3倍以上になると予想されています。
また喫煙、肥満、運動不足などの不健康な生活習慣によっても医療費は増大すると予想されています。そこで特定健診制度では専門家による運動や食事療法を取り入れ、効率的に生活習慣の改善を図り、生活習慣病を予防することを目指しています。
特定健診は医療保険者が責任を持って実施していくことが義務付けられています。メタボリック症候群とその予備軍の数が5年後には平成20年度時点の10%減、10年後には25%減になることを目標としています。

メタボ茶丸(国産原料使用メタボ対策ダイエットサプリ)



posted by メタボリック症候群 生活習慣病 記録の細道 at 06:35 | Comment(0) | メタボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メタボリック症候群と運動

デトックスティー金の美茶   Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

メタボリック症候群と運動
タボリックシンドロームと生活習慣病予防

メタボリックシンドローム―減らそう!内臓脂肪 (別冊NHKきょうの健康)

メタボリックシンドローム―減らそう!内臓脂肪 (別冊NHKきょうの健康)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 日本放送出版協会
  • 発売日: 2008/06
  • メディア: 単行本



メタボリック症候群の大きな要因の一つに運動不足があげられます。メタボリック症候群の原因である内臓脂肪は、皮下脂肪と比べてたまりやすく減らしやすいという性質があります。
メタボリック症候群が多い中年以上は基礎代謝も落ち、どうしても内臓に脂肪がたまりやすくなります。特に現代は洗濯機、掃除機、電話、FAX、自動車などが普及し、家事でも仕事でもあまり身体を動かす必要がない生活になっています。このような生活は内臓脂肪を蓄積しやすい生活なのです。
そこで内臓脂肪を減らすためには食生活の見直しに加えて、毎日の運動習慣を徹底することが大切です。
運動で身体を活発に動かすと消費エネルギーが増え、たくさんの血糖や脂質が消費されるようになり、内臓脂肪が減っていきます。そして血糖値や脂質異常、高血圧が改善され、メタボリック症候群の予防や改善につながります。
内臓脂肪を減らすのに効果的な運動は有酸素運動です。ウォーキングは続けやすく、毎日の生活に取り入れ安い方法です。
またジョギング、水泳、サイクリングもお勧めの有酸素運動です。またこういった運動以外に日常生活の中で、通勤時に駅のエスカレーターを使わず階段を利用する、一駅分を歩く、買い物に自動車を利用せずに歩くなどの工夫をすることも、毎日続けることによって大きな効果が期待できます。
運動で大切なことは少しずつでも毎日続けることです。無理なく続けられる自分に合った運動を見つけるとよいでしょう。

TANITA 内臓脂肪チェック付き体脂肪計 メタボスキャン チョコレート TF-204-CH

TANITA 内臓脂肪チェック付き体脂肪計 メタボスキャン チョコレート TF-204-CH

  • 出版社/メーカー: タニタ
  • メディア: ホーム&キッチン


金の美茶
posted by メタボリック症候群 生活習慣病 記録の細道 at 12:22 | Comment(0) | メタボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メタボリック症候群と食事バランスガイド

メタボリック症候群と食事バランスガイド
メタボリック症候群と生活習慣病

肥満・メタボ・生活習慣病を根源から解消する タイプ別 メタボリック食事法

肥満・メタボ・生活習慣病を根源から解消する タイプ別 メタボリック食事法

  • 作者: ウィリアム・L・ウォルコット
  • 出版社/メーカー: リヨン社
  • 発売日: 2008/10/28
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


メタボリック症候群の増大が社会問題となる中、2005年には厚生労働省と農林水産省によって「食事バランスガイド」が策定されました。
内臓脂肪の蓄積が原因で起こるメタボリック症候群では、食生活を見直すことが重要な対策です。
しかし具体的な食品や量の目安が身近なところになく、栄養の知識が少ない人や外食の多い人などは栄養のバランスを考えて食事をすることが困難でした。これまでにも政府によって食事の指針が示されていましたが、あまり国民には知られていませんでした。
現在、食事バランスガイドはスーパーなどでポスターやリーフレットで目にする機会が増えています。スーパーでは少し目を止めて家庭でのメニューの参考にし、その場で買い物に生かすことができるでしょう。
食事バランスガイドは、栄養の知識が少ない人でも理解できる内容になっています。イラストはバランスを崩しやすいコマがイメージされ、どの食品が欠けるとバランスを崩しやすいかがすぐに分かります。
内容は食品を6つの区分に分け、それぞれ一日に摂る量の目安を数で示しています。
どの食品がどの区分に入るかは一目でわかるようになっています。自分の食事内容と比較して、不足しているものと摂りすぎているものを簡単に知ることができます。
食事バランスガイドはメタボリック症候群の予防だけではなく、子どもの食育にも活用できる内容です。
それぞれの立場で食事バランスガイドを有効に利用し、メタボリック症候群の危険のない健康な食生活を目指しましょう。
posted by メタボリック症候群 生活習慣病 記録の細道 at 17:03 | Comment(0) | メタボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。