元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀出来事

金融 証券食品 料理文化 ギフト美容 結婚仕事 資格教育 学校旅行 観光人気 流行
運勢 未来健康 医療golfPet
人気ブログランキングへ メタボ対策サプリ | メタボ 食事コントロール法 | がん患者のかたへ
メタボリック症候群高血圧動脈硬化糖尿病がん治療腎臓病食事療法

メタボリック症候群と特定健診制度

メタボリック症候群 生活習慣病
メタボリック症候群と特定健診制度

メタボリック症候群の予防と早期発見のために、日本では2008年4月から特定健康診査が始まりました。
これは政府における医療制度改革の一つであり、増え続ける医療費に歯止めをかけるための政策でもあります。
厚生労働省では今後5年間でメタボリック症候群とその予備軍を10%減らし、国の医療費を年間約6兆円減らそうという目標をあげています。




特定健診は企業の健康保険や国民健康保険に加入している40歳から74歳までの本人とその扶養家族が、年に一度受ける健診です。
医療保険者が責任を持って健診を実施することが義務付けられています。
そしてこの健診制度によって中高年のほぼ全員が特定健診を受けることになります。
これまでにも団体や自治体などによって健康診断は実施されてきましたが、特定健康診査ではメタボリック症候群の概念を取り入れた内容である点で大きく異なっています。
実際の健診ではメタボリック症候群の判定基準の一つである腹囲とLDLコレステロール値が追加されており、検査値を調べるだけではなく、メタボリック症候群を見つけるための本格的な健康診断となっています。
また健診の結果が悪かった場合には医師や保険師、管理栄養士による「特定保健指導」によって日常生活についての指導を受けることになります。
メタボリック症候群は自覚症状がないまま進行する場合が多くあります。
特定健診はメタボリック症候群の早期発見や予防だけではなく、一人一人の予防意識を高め、多くの人が健康的な生活を送ることも目的の一つです。




メタボリック症候群 医療費メタボリック症候群 食事バランスガイド メタボリック症候群 睡眠不足

posted by メタボリック症候群 生活習慣病 記録の細道 at 15:10 | Comment(0) | メタボリック症候群 と特定健診制度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
添加物は気になりませんか?
人とペットの安心で安全な無添加食品『我が家の自然食本舗』
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。