元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀出来事

金融 証券食品 料理文化 ギフト美容 結婚仕事 資格教育 学校旅行 観光人気 流行
運勢 未来健康 医療golfPet
人気ブログランキングへ メタボ対策サプリ | メタボ 食事コントロール法 | がん患者のかたへ
メタボリック症候群高血圧動脈硬化糖尿病がん治療腎臓病食事療法

動脈硬化の食事療法

メタボリック症候群 生活習慣病 動脈硬化
動脈硬化の食事療法

動脈硬化にならないようにするには、「食事療法」が一番良い方法だと言われています。

まず、1日の摂取カロリーに注意を払い、食べ過ぎないように、腹八分目を心がけましょう。
肥満は、動脈硬化の危険因子となるだけでなく、糖尿病、高血圧、高脂血症のような、危険な病気を引き起こすこともあります。
そのため、肥満傾向の人は、まず肥満を改善する必要があります。

1日の摂取カロリーは、標準体重1kg当り、男性では30kcal、女性では25kcalとなっています。
標準体重を計算する方法は、たくさんありますが、自分の身長から100を引いた値に、0.9をかけて求められた値が、だいたいの目安となります。
一度、あなたの標準体重を計算してみてくださいね。

また、動脈硬化のなかでも、「粥状動脈硬化」の場合は、コレステロールと深く関わっています。
だから、多くコレステロールを含んでいる食品(タラコやイクラ、牛・豚・鶏のレバーや内臓の肉、鶏卵、バターなどの乳製品、ケーキなど)を、食べ過ぎないようにしましょう。

中でも、バター、生クリーム、肉の脂身には、動脈硬化を促進させる「飽和脂肪酸」が多く含まれています。
多く脂身を含む肉など、動物性脂肪は食べ過ぎないように注意してください。

関サバ.jpg
それに対して、位置情報魚の脂肪や植物性の油には、多くの「不飽和脂肪酸」が含まれています。
これは、動脈硬化を予防する作用があります。
ただ、不飽和脂肪酸を取り過ぎることは、体に悪影響を与えます。

千葉県から無農薬の野菜を産地直送
posted by メタボリック症候群 生活習慣病 記録の細道 at 07:50 | Comment(0) | 生活習慣病 動脈硬化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
添加物は気になりませんか?
人とペットの安心で安全な無添加食品『我が家の自然食本舗』
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。