元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀出来事

金融 証券食品 料理文化 ギフト美容 結婚仕事 資格教育 学校旅行 観光人気 流行
運勢 未来健康 医療golfPet
人気ブログランキングへ メタボ対策サプリ | メタボ 食事コントロール法 | がん患者のかたへ
メタボリック症候群高血圧動脈硬化糖尿病がん治療腎臓病食事療法

糖尿病とは?

メタボリック症候群 生活習慣病 糖尿病
糖尿病とは?

病院ロビー.jpg

「メタボリック」や「生活習慣病」という言葉は、最近では、子どもでも知っているくらい定着してきました。でも、その内容については、よくわかっていないというのが現状です。
「メタボリック症候群(シンドローム)」とは、内臓脂肪型肥満よって、いろんな病気にかかりやすくなっている状態をいいます。
「生活習慣病」とは、「糖尿病」「脳卒中」「心臓病」「高脂血症」位置情報「高血圧」「動脈硬化」「肥満」などの総称です。
これらの病気は、個別の原因で発症するのではなく、肥満、とくに内蔵脂肪型肥満が根本原因だと考えられています。
また、それは、毎日の良くない生活習慣の積み重ねから、そうなってしまうことから、「生活習慣病」と名付けられました。
日本人の死因の3分の2近くが、この生活習慣病で、年々その割合が増加傾向にあるということですから、無関心ではいられません。
では、その中で、特に最近、増加傾向にあるという「糖尿病」とは、どんな病気なのでしょうか?
一言で言うなら、「血糖値」が高くなる病気です。
私たちは、食べ物を消化吸収することで、活動エネルギーを作り出しています。
食べ物中の栄養素にはいろんな種類がありますが、その中の「炭水化物」「脂質」「たんぱく質」『三大栄養素』といいます。
その中で、エネルギー源の中心となるのが「炭水化物」です。
炭水化物は、体内で消化・吸収されると、「ブドウ糖」となって肝臓へ送られます。そして、脳や筋肉で利用され、残りのブドウ糖は肝臓内にグリコーゲンとして蓄えられます(余った分は脂肪になります)。
体が活動して血液中のブドウ糖を消費すると、グリコーゲンが分解され、再びブドウ糖となって血液中に放出されます。
このようにして、活動エネルギーが常に維持され、血糖値は一定の範囲内におさまっています。
「インスリン」は、すい臓で作られるホルモンで、体内の細胞が血液からブドウ糖を吸収する手助けをします。
つまり、インスリンはブドウ糖のメッセンジャーというわけですね。
ですから、そのインスリンが不足したり働きが悪くなったりして、ブドウ糖がうまく細胞に運ばれなくなると、筋肉や内臓がエネルギーを吸収できなくなります。
そして、血液中のブドウ糖濃度(血糖値)が高くなり、その状態が継続する病気が「糖尿病」です。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
メタボリック症候群とは メタボリック症候群 原因メタボリック症候群 診断基準 メタボリック症候群 特定健診制度 メタボリック症候群 特定保健指導メタボリック症候群 食生活 メタボリック症候群 運動 メタボリック症候群 高血圧 メタボリック症候群 糖尿病 メタボリック症候群 高脂血症 メタボリック症候群 生活習慣病 メタボリック症候群 喫煙 メタボリック症候群 サプリメントメタボリック症候群 歯との関係メタボリック症候群 睡眠時無呼吸症候群メタボリック症候群 飲酒メタボリック症候群 子どもメタボリック症候群 漢方メタボリック症候群 痛風メタボリック症候群 ウォーキングメタボリック症候群 筋力トレーニング メタボリック症候群 ダイエット メタボリック症候群 グッズ メタボリック症候群 ストレスメタボリック症候群 糖尿病メタボリック症候群 腹囲 メタボリック症候群 メタボリック症候群 医療費メタボリック症候群 食事バランスガイド メタボリック症候群 睡眠不足
posted by メタボリック症候群 生活習慣病 記録の細道 at 08:11 | Comment(0) | メタボリック症候群 糖尿病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
添加物は気になりませんか?
人とペットの安心で安全な無添加食品『我が家の自然食本舗』
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。