元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀出来事

金融 証券食品 料理文化 ギフト美容 結婚仕事 資格教育 学校旅行 観光人気 流行
運勢 未来健康 医療golfPet
人気ブログランキングへ メタボ対策サプリ | メタボ 食事コントロール法 | がん患者のかたへ
メタボリック症候群高血圧動脈硬化糖尿病がん治療腎臓病食事療法

人工透析【透析患者の生活】

メタボリック症候群 生活習慣病 腎臓病
人工透析【透析患者の生活】

慢性腎不全(まんせいじんふぜん)の症状が進行し、腎臓の機能が一定以下に落ちると、人工透析(じんこうとうせき)治療に入ることになります。人工透析治療は、最近、めざましく発展し、適切な管理を続けていくことで健康な人とほとんど変わらない生活を送れる可能性もあります。ただしそれはあくまでも「適切な管理」があってのことです。しかも人工透析は、通常、週に2〜3回、それも半永久的に続くことになります・・・
透析療法には、「在宅腹膜透析(ざいたくふくまくとうせき)(CAPD)」と言って、患者さん自身の腹膜を透析膜として利用する方法もあります。在宅透析法として健康保健でも認められています。この場合は、2〜3週間に1回の通院で済みますが、それでも負担が大きいことに変わりはありません。また、この方法は、自己管理ができない人や、手や目の不自由な人などは難しいことがあります。
腎臓移植が成功して、人工透析、透析合併症から解放される場合もありますが、それでも日常の管理、注意は継続する必要があります。
腎臓病というのは、治癒はおろか、進行を食い止めるのも非常に大変な病気なのです。
透析を受けている患者さんはどのようなことを注意して生活していったらいいのでしょうか?
透析を受けていても仕事やスポーツ、など健康な人とほぼ変わりない日常生活を送ることができます。仕事で出張したり、旅行をしたり、旅先で透析センターに連絡することができれば可能です。ただし、食事、水分、塩分は制限されます。また、何らかの疾患で薬の処方をうける場合は、透析を受けていることをその医師に伝える必要があります。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

メタボリック症候群 糖尿病メタボリック症候群 腹囲 メタボリック症候群 メタボリック症候群 医療費メタボリック症候群 食事バランスガイド メタボリック症候群 睡眠不足


posted by メタボリック症候群 生活習慣病 記録の細道 at 07:33 | Comment(0) | 生活習慣病と腎臓病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
添加物は気になりませんか?
人とペットの安心で安全な無添加食品『我が家の自然食本舗』
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。