元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀出来事

金融 証券食品 料理文化 ギフト美容 結婚仕事 資格教育 学校旅行 観光人気 流行
運勢 未来健康 医療golfPet
人気ブログランキングへ メタボ対策サプリ | メタボ 食事コントロール法 | がん患者のかたへ
メタボリック症候群高血圧動脈硬化糖尿病がん治療腎臓病食事療法

メタボリック症候群と筋力トレーニング

メタボリック(症候群)シンドロームの多い40〜50代に現れる最も大きな身体の変化はやはり筋肉の衰えだと思います。
筋力が衰えると基礎代謝が大幅に減り、その分のエネルギーが脂肪として体に蓄えられてしまいます。これが太る原因になります。
また、ダイエットのためにどれほど運動をしても、身体の基本となる筋肉が少なければどうしても効率的に脂肪を燃焼することができません。

ですからメタボリック症候群の予防のためには、筋力をつけ、筋肉の料を増やす、筋肉トレーニングがとても重要になります。
筋肉は正しいトレーニングを積み重ねることによって確実に増え発達します。
しかし必ずしもスポーツジムに通い、高価なトレーニングマシンを購入する必要はありません。縄跳びや腕立て伏せ、腹筋など誰でも自宅で簡単に実践できるもので十分効果をあげることができます。
内臓脂肪を減らすための筋肉トレーニングは、激しいものよりも軽度から中程度の運動レベルが適しています。
むしろ肥満やメタボリック症候群の人が激しい筋肉トレーニングを行うと、内臓や心臓や血管にかなり負担をかけることになり危険です。
自分で少々キツイな、と思う程度でよく、余裕を持って自分のペースを維持できる程度がもっとも最適なレベルと言えます。
また、大事なのは筋肉トレーニング前の準備と終わったあとには、ストレッチを行って筋肉をリラックスさせることも大切なことです。
よく、プロスポーツ選手は競技の前後のこのストレッチを十分行なって、けがの防止をしているのです。
そして、特に中高年の方は、慣れるまでは最低でも一日空けて筋肉を休ませるようにします。筋肉は休息期間に修復され、より強い筋肉に発達するのです。
これを怠ると筋肉は発達するどころか縮んでしまいます。筋肉トレーニングに慣れてきたら一日筋トレを10分、その後にストレッチや有酸素運動を組み合わせ、合計20分程度の運動習慣をつけることが理想的です。

5つのコツで もっと伸びる カラダが変わる ストレッチ・メソッド

5つのコツで もっと伸びる カラダが変わる ストレッチ・メソッド

  • 作者: 谷本 道哉
  • 出版社/メーカー: 高橋書店
  • 発売日: 2008/11/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)




玉川温泉の岩盤浴と同じ力[0.58]の低線量放射線
posted by メタボリック症候群 生活習慣病 記録の細道 at 13:53 | Comment(0) | メタボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
添加物は気になりませんか?
人とペットの安心で安全な無添加食品『我が家の自然食本舗』
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。