元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀出来事

金融 証券食品 料理文化 ギフト美容 結婚仕事 資格教育 学校旅行 観光人気 流行
運勢 未来健康 医療golfPet
人気ブログランキングへ メタボ対策サプリ | メタボ 食事コントロール法 | がん患者のかたへ
メタボリック症候群高血圧動脈硬化糖尿病がん治療腎臓病食事療法

やせている人は「太りすぎ」より短命

「太りすぎ」の人は、やせている人よりも長生きするという研究結果が報じられた。もし、太っていても長生きできるとすれば、メタボ検診の「腹囲測定」でムリにお腹を引っ込めていた太り気味の人には朗報だが、果たして本当なのだろうか。

yabai_hara.jpg

この研究結果は、東北大学・公衆衛生学の研究グループがまとめたもの。調査対象は宮城県在住の40歳から79歳までの男女で、約44000人を1995年から2006年まで追跡調査した。

体重(kg)を身長(m)の2乗で割って体格指数(BMI)を算出し、世界保健機関(WHO)の基準で分類。18.5未満を「やせ」、18.5以上25.0未満を「普通」、25.0以上30.0未満を「太りすぎ」、30.0以上を「肥満」とした。

その結果、肥満度ごとの平均余命は、男女とも「太りすぎ」が最長(男性40.5年、女性47.0年)で、もっとも長生きという結果となった。2位は「普通」(男性38.7年、女性46.3年)、3位は「肥満」(男性37.9年、女性44.9年)だった。もっとも短命だったのは「やせ」(男性33.8年、女性41.1年)の人で、「太りすぎ」の人に比べると、男性では6.7年、女性では5.9年も短命という意外な結果だ。

おなかスッキリ



この調査を受けて、ネット上には「メタボ検診に意味はなかった」「ダイエットなどをして痩せようとしているみなさんは、短命を心がけているのですね」などという書き込みが見られるが、本当のところはどうなのだろうか。

東北大学大学院医学系研究科の栗山進一准教授は、やせすぎのリスクについて、

「低コレステロールで血管の壁が弱くなって脳出血のリスクが高まったり、栄養不足によって感染症への抵抗力が弱まったりするという研究結果が出ている。また、メンタル面や胃かいようへの影響も見られるようだ」
と指摘する一方で、太りすぎにもリスクがあり、調査結果を正しく理解して欲しいという。

「WHOの基準における『太りすぎ』は“overweight:やや過体重”という意味。『肥満(obese)』は、調査結果でも『やせ(underweight)』に次いで短命であり、生活習慣病の原因になるので、太っているほど長生きというのは誤解だ。また、いわゆるメタボ検診では、腹囲やBMIに併せて、血糖値や中性脂肪、血圧などを複合的に診ているので、今回の研究結果とは別に意義はある。保健指導にもきちんと従うべき」
ということで、「メタボの人は、かえって長生きなんだって!」という言い訳は利かないようだ。やせも肥満も、過ぎたるは及ばざるがごとしということか


posted by メタボリック症候群 生活習慣病 記録の細道 at 08:51 | Comment(0) | メタボリック症候群 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
添加物は気になりませんか?
人とペットの安心で安全な無添加食品『我が家の自然食本舗』
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。