元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀出来事

金融 証券食品 料理文化 ギフト美容 結婚仕事 資格教育 学校旅行 観光人気 流行
運勢 未来健康 医療golfPet
人気ブログランキングへ メタボ対策サプリ | メタボ 食事コントロール法 | がん患者のかたへ
メタボリック症候群高血圧動脈硬化糖尿病がん治療腎臓病食事療法

メタボリック症候群と飲酒

メタボリック症候群 生活習慣病
メタボリック症候群と飲酒

メタボリック症候群の大きな要因の一つが食生活であることは知られていますが、中でも飲酒はメタボリック症候群と密接に関係しています。近年の調査では、週に4回以上飲酒している人にメタボリック症候群が多いということが明らかになっています。
お酒に含まれるアルコールは体内に入ると1グラム当たり5カロリーから7カロリーになり、糖質やたんぱく質よりも高くなります。お酒は「エンプティーカロリー」と言われ、カロリーはあっても栄養をほとんど含まない飲み物です。適度なアルコール摂取は新陳代謝を促進して体熱を上昇させる効果がありますが、飲み過ぎは摂取カロリーだけが増えて、メタボリック症候群の要因となります。
またお酒のカロリーは低くても、アルコールに食欲を増進する効果があることが問題となります。お酒と一緒に出されるおつまみは一般的に塩分の高いものや脂っこいものが多く、毎日食べるとメタボリック症候群の危険性が高くなります。
一日の適量は女性ならビール1缶、男性ならビール中瓶1本程度で、週に2日は全くお酒を飲まない休刊日を作るとよいでしょう。
また飲酒をしたらその分食事を控えて食事の合計カロリーを抑えることも大切です。飲酒の席では会話を楽しみながら時間をかけて飲み、おつまみには良質のたんぱく質、野菜、海藻を選んで栄養バランスをとることによって飲酒の量を抑えることができます。
飲酒は「百薬の長」とも言われますが、健康を考慮して飲みすぎないことが大切です。



posted by メタボリック症候群 生活習慣病 記録の細道 at 01:00 | Comment(0) | メタボリック症候群 と飲酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
添加物は気になりませんか?
人とペットの安心で安全な無添加食品『我が家の自然食本舗』

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。