元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀出来事

金融 証券食品 料理文化 ギフト美容 結婚仕事 資格教育 学校旅行 観光人気 流行
運勢 未来健康 医療golfPet
人気ブログランキングへ メタボ対策サプリ | メタボ 食事コントロール法 | がん患者のかたへ
メタボリック症候群高血圧動脈硬化糖尿病がん治療腎臓病食事療法

メタボリック症候群と子ども


近年、子どもの肥満とメタボリック症候群の増加が問題になっています。国の調査では子どもの肥満は30年前と比べると約2倍に増え、現在では10人に1人が肥満児という状況になっています。
子どもの肥満も重度になると生活習慣病になる危険が高まります。また子どもの肥満の70%は大人期へ移行すると言われています。
子どもの頃に身についた生活習慣を大人になってから変えることは難しいものです。そのため早めに対策を行うことが望まれます。
しかし、子どもが自分から生活習慣を変えることは無理なことでしょう。そこで生涯にわたる健康を築く上で重要な子どもの時期に、大人がよい生活習慣を身につけさせることがとても重要なのです。

サッカー・フットサルかんたんリフティング入門―毎日15分、1カ月で誰でも連続50回できる!

サッカー・フットサルかんたんリフティング入門―毎日15分、1カ月で誰でも連続50回できる!

  • 作者: 土屋 健二
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2009/07/31
  • メディア: 単行本



メタボ時代の世界初サプリ!!「アディポリック」
 

メタボリック症候群と子ども≫続きを読む
posted by メタボリック症候群 生活習慣病 記録の細道 at 13:47 | Comment(0) | メタボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メタボリック症候群と漢方

近年では西洋医学に代わる代替医療を求める動きがありますが、中でもメタボリック症候群では漢方による治療が注目を集めています。
漢方とは中国から伝わった医学に日本人が手を加えたもので、漢方薬によって治療が行われます。メタボリック症候群で処方される漢方薬の代表的なものには九味半夏湯加減方、防風通聖散などがあり、薬局でも手に入れることができます。

漢方治療44の鉄則―山本巌先生に学ぶ病態と薬物の対応

漢方治療44の鉄則―山本巌先生に学ぶ病態と薬物の対応

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: メディカルユーコン
  • 発売日: 2006/06
  • メディア: 単行本


ライフィックスの蘭山苦瓜「糖素減」
メタボリック症候群と漢方≫続きを読む
posted by メタボリック症候群 生活習慣病 記録の細道 at 12:33 | Comment(0) | メタボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メタボリック症候群と痛風

メタボリック症候群と痛風
メタボリック症候群と生活習慣病

メタボリック症候群と関わりが深い病気の一つに痛風があります。痛風とは文字通り「風が吹いただけで痛む」病気で、ある日突然体の一部が激痛に襲われる病気です。

お医者さんが成功した ビールを飲んでも通風は治る (TJ MOOK)

お医者さんが成功した ビールを飲んでも通風は治る (TJ MOOK)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2009/02/16
  • メディア: 大型本


この発作は足の親指の付け根に現れることが多く、人によってはひじやひざ、かかとに現れることもあります。
発作は短期間、長くて1週間から2週間続き、その後は自然におさまります。
しかし発作が起こらなければ治ったということではなく、体内で進行していることもあります。
治療をせずに放置しておくと痛風結節や、腎障害、腎不全、尿毒症など、命に関わる病気につながる危険性があります。
痛風は尿酸の代謝異常によって起こります。尿酸の原料は「プリン体」と呼ばれるもので、体内では常にプリン体がつくられている他、ビールなどの食品にもプリン体が含まれています。
プリン体を含む食品を食べすぎると、体内で異常にプリン体がつくられることによって尿酸が増加するのです。
痛風の発作を繰り返すとメタボリック症候群や生活習慣病になりやすくなります。
ほとんどの生活習慣病は食生活による肥満が原因であることから、痛風の予防としては食べ過ぎないこと、栄養のバランスの摂れた食事をすることが重要です。
尿酸値は近年始まった「特定健診」の中でも検査項目の一つであり、痛風になる可能性を表しています。
痛風とまではいかなくても、尿酸値が高い場合には日常生活で食事に十分注意をすることで改善できる場合もあります。



posted by メタボリック症候群 生活習慣病 記録の細道 at 08:32 | Comment(0) | メタボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メタボリック症候群と筋力トレーニング

メタボリック(症候群)シンドロームの多い40〜50代に現れる最も大きな身体の変化はやはり筋肉の衰えだと思います。
筋力が衰えると基礎代謝が大幅に減り、その分のエネルギーが脂肪として体に蓄えられてしまいます。これが太る原因になります。
また、ダイエットのためにどれほど運動をしても、身体の基本となる筋肉が少なければどうしても効率的に脂肪を燃焼することができません。

ですからメタボリック症候群の予防のためには、筋力をつけ、筋肉の料を増やす、筋肉トレーニングがとても重要になります。
筋肉は正しいトレーニングを積み重ねることによって確実に増え発達します。
しかし必ずしもスポーツジムに通い、高価なトレーニングマシンを購入する必要はありません。縄跳びや腕立て伏せ、腹筋など誰でも自宅で簡単に実践できるもので十分効果をあげることができます。
内臓脂肪を減らすための筋肉トレーニングは、激しいものよりも軽度から中程度の運動レベルが適しています。
むしろ肥満やメタボリック症候群の人が激しい筋肉トレーニングを行うと、内臓や心臓や血管にかなり負担をかけることになり危険です。
自分で少々キツイな、と思う程度でよく、余裕を持って自分のペースを維持できる程度がもっとも最適なレベルと言えます。
また、大事なのは筋肉トレーニング前の準備と終わったあとには、ストレッチを行って筋肉をリラックスさせることも大切なことです。
よく、プロスポーツ選手は競技の前後のこのストレッチを十分行なって、けがの防止をしているのです。
そして、特に中高年の方は、慣れるまでは最低でも一日空けて筋肉を休ませるようにします。筋肉は休息期間に修復され、より強い筋肉に発達するのです。
これを怠ると筋肉は発達するどころか縮んでしまいます。筋肉トレーニングに慣れてきたら一日筋トレを10分、その後にストレッチや有酸素運動を組み合わせ、合計20分程度の運動習慣をつけることが理想的です。

5つのコツで もっと伸びる カラダが変わる ストレッチ・メソッド

5つのコツで もっと伸びる カラダが変わる ストレッチ・メソッド

  • 作者: 谷本 道哉
  • 出版社/メーカー: 高橋書店
  • 発売日: 2008/11/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)




玉川温泉の岩盤浴と同じ力[0.58]の低線量放射線
posted by メタボリック症候群 生活習慣病 記録の細道 at 13:53 | Comment(0) | メタボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メタボリック症候群とダイエット




メタボリック症候群とダイエット
メタボリック症候群と生活習慣病

メタボリック症候群は内臓脂肪の蓄積が大きな要因の一つです。
そのためメタボリック症候群を解消するために必要なのはダイエットによって内臓脂肪を減らすことが第一です。
メタボリック症候群解消のためのダイエットにはさまざまな方法がありますが、食事制限をする方法は、その後にリバウンドを起こしやすくなり、その後、太りやすい(または、痩せやすい)体質になることも考えられます。また、筋肉が脂肪に置き換わり、やせにくい体になってしまいます。そのため、ダイエットを成功させるためには食事と運動の両面から、時間をかけて内臓脂肪を減らすことが大切です。
ダイエットを成功させるために、記録ノートを作成することがお勧めです。腹囲、体重、血圧の他、毎日の食事、運動の内容など、何でも書き残しておきます。そして数日ごとにノートを見直し、改善するべき点を検討して対策を立てます。
甘いお菓子や脂っこい揚げ物が好きな人にとってダイエットは辛いことでしょう。またそれまで運動習慣のなかった人が運動をするこということはとても強い意志が必要になります。
最初はメタボリック症候群解消のためと意気込んでいても、日が経つにつれて挫折感に襲われることでしょう。
そういう時には投げやりにならず、誰のためでもなく自分自身や家族のためと冷静に考えることがとても大切です。時には自分へご褒美を与えながら、楽しむことが大切です。
近年ではアスレチッククラブやスポーツジム、また、男性用のメンズエステなどでメタボ解消コースもうけられているところも多くなりました。
自分だけではダイエットが続けられない人はコーチや仲間がいることで心強く、楽しくダイエットを続けることができるでしょう。

1日5分!セルフボディビル―ダイエット、メタボ解消への筋肉づくり (講談社の実用BOOK)

1日5分!セルフボディビル―ダイエット、メタボ解消への筋肉づくり (講談社の実用BOOK)

  • 作者: 宮畑 豊
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2008/06
  • メディア: 単行本





posted by メタボリック症候群 生活習慣病 記録の細道 at 08:20 | Comment(0) | メタボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メタボリック症候群とグッズ

体内の不要なモノをしっかり出して体内美人へ「金の美茶」

メタボリック症候群とグッズ
メタボリック症候群と生活習慣病予防

現在メタボリック症候群が社会問題となっていますが、近年特定健康診査が導入され、次々とメタボ解消グッズが販売されるようになりました。その種類は食品からお茶、サプリメント、体重計、運動機器に至るまで多様です。
中でも家庭で検査できる機器は自己管理に便利で人気があります。メタボリック症候群は日常生活に問題があることが多いため、自分の体のデータを継続的に知ることは自己管理に役立ちます。自分で体脂肪を測ったからといってメタボリック症候群が解消するわけではありませんが、自分の体を知り、健康管理の習慣がつくという意味ではとても有意義なものです。
TANITA 高精度測定 体組成計 インナースキャン50  パールホワイト BC-300-PR家庭用の体重計では多機能で優れたものが次々に販売されています。メタボリック症候群の人にお勧めなのは、体脂肪、内臓脂肪、基礎代謝、筋肉量、推定骨量などを測定できる機器です。自分で測ったデータを数か月間残しておくことができます。家庭で測れる血圧計、尿糖計、心電図計なども検査値が気になる人は積極的に利用するとよいでしょう。
またダイエットグッズはもともと豊富な種類が販売されていましたが、近年メタボリック症候群が注目を集めるとともに、いっそう市場が過熱しているようです。乗馬マシーンや振動マッサージ器などが人気を集めています。
他にもさまざまなグッズがありますが、メタボリック症候群の解消のためにはグッズに頼りすぎないようにしなければなりません。一番大切なことは生活習慣の見直しであり、グッズはその補助的なものとして取り入れると効果的です。

体年齢付MA332 6機能健康体重体組成計体脂肪計体重計ヘルスメーター

体年齢付MA332 6機能健康体重体組成計体脂肪計体重計ヘルスメーター

  • 出版社/メーカー: ITEK
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品





posted by メタボリック症候群 生活習慣病 記録の細道 at 16:17 | Comment(0) | メタボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メタボリック症候群とストレス

メタボリック症候群とストレス
メタボリック症候群と生活習慣病予防

ストレスチェックノート―早めに気づき、自分でコントロールストレス社会と言われている現代ですが、ストレスはメタボリック症候群と非常に深く関わっています。
適度なストレスは脳の刺激になりますが、過度なストレスは体に悪影響です。過度なストレスによってイライラし暴飲暴食が続くと、肥満やメタボリック症候群の危険性が高くなるのです。
なぜなら私たちの脳がストレスの影響を受けやすいため、食欲中枢の働きがうまくできなくるという調査結果がでているのです。
またストレスによって飲酒の量やたばこの本数が増え、睡眠不足を起こすなど、メタボリック症候群の大敵である不健康な生活習慣につながりやすくなります。
さらに私たちの体は、守ろうという脳の働きにより、血液中のコレステロール濃度が高くなり血液をドロドロの状態にしてしまいます。ドロドロの血液の状態では高血圧、脂質異常を起こすなど、ますますメタボリック症候群の危険性が高まります。
できるだけストレスはため込まず、早く解消することが大切で、悩みがあれば信頼できる人や専門家に相談して解決を図るようにしましょう。
ストレスの解消方法は自分に合った方法が一番ですが、メタボリック症候群の人にお勧めなのは運動です。
体を動かすことに集中し、ストレスの原因を一時忘れて気持のよい汗をかけば、ストレス発散と同時に内臓脂肪を燃焼し、メタボリック症候群の解消が期待できます。
また自分の好きなことを思いっきりすることもストレス解消に効果的です。旅行やカラオケ、音楽など自分の好きなことを見つけ、時には思いきり楽しむこともよい方法です。

自律神経にやさしい音楽

自律神経にやさしい音楽

  • アーティスト: 広橋真紀子
  • 出版社/メーカー: デラ
  • 発売日: 2007/07/25
  • メディア: CD



タイの高級スパ御用達! 日本初上陸のアロマキャンドル
posted by メタボリック症候群 生活習慣病 記録の細道 at 10:23 | Comment(0) | メタボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メタボリック症候群とウォーキング

メタボリック症候群とウォーキング
メタボリック症候群とウォーキング

正しい歩き方がわかる 楽しい健康ウォーキング入門 (かんたん健康)

正しい歩き方がわかる 楽しい健康ウォーキング入門 (かんたん健康)

  • 作者: 園原 健弘
  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • 発売日: 2005/10/07
  • メディア: 大型本


メタボリック症候群では運動をすることが有効な解消法ですが、中でもお勧めなのがウォーキングです。
ウォーキングは有酸素運動の一つですが、有酸素運動により身体を活発に動かすと、エネルギーとしてまず血液中の糖分、次に肝臓や筋肉の中のグリコーゲン、そして脂肪細胞の中の中性脂肪という順番で使われていきます。
ウォーキングをすることにより、皮下脂肪より先に内臓脂肪が消費されるためメタボリック症候群の解消が十分に期待できます。
毎日決まった時間にウォーキングをする方法もありますが、なかなか続かないという人は通勤時の移動の手段にウォーキングを組み込む、エレベーターやエスカレーターを使わず階段を利用するなど、日常生活のさまざまな場面で工夫をする方法は続けやすくとても効果的です。
ウォーキングでは20分続けると脂肪が燃焼し始めると言われますが、内臓脂肪を減らすためには最低でも一日合計60分は歩くことが望まれます。
ただし最初無理をしてしまうとその後続かなくなってしまいますので、それぞれの体力に合わせて目標を決めて徐々に歩数を増やすことが大切です。
SATO G(加速度)センサ式 カード型歩数計 ブラック GC-431 また、万歩計などを用いて歩数などもチェックすればよいでしょう。
ウォーキングに慣れてきたら、歩幅や姿勢に注意しながら歩くとより心身に負担をかけずに効果を高めることができます。
ウォーキングの姿勢は背筋を伸ばし、歩幅は少し広めに取り、腕は大きく振るように心掛けます。
姿勢を正すことで怪我や身体の負担を軽減することができます。
ウォーキングはメタボリック症候群の解消だけではなく、健康増進やストレス発散、持久力向上などさまざまな効果が期待できる運動です。
ウォーキングを、ぜひ毎日の習慣にしたいものです。

オムロン)ウオーキングスタイル HJー302−K

オムロン)ウオーキングスタイル HJー302−K

  • 出版社/メーカー: オムロン
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品




メタボリック症候群≫続きはこちら
posted by メタボリック症候群 生活習慣病 記録の細道 at 19:00 | Comment(0) | メタボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メタボリック症候群と糖尿病

メタボリック症候群と糖尿病
メタボリック症候群と生活習慣病
メタボリック症候群は放置しておくと生命に関わる重大な病気に進行する恐れがありますが、その病気の一つが糖尿病です。
体の細胞にはエネルギー源として血液中に含まれるブドウ糖が必要です。ブドウ糖は膵臓から分泌されるインスリンというホルモンの作用によって細胞内に取り込まれてエネルギー源となり、血糖値が上昇するとインスリンが多く分泌され、血糖値を一定の範囲におさめるように調整しています。
糖尿病とはこのインスリンの分泌不全、インスリン抵抗性によって血糖値を調整できない病気のことをいいます。放置すると意識障害やさまざまな合併症などで命を落とす危険性のある恐ろしい病気です。
糖尿病は日本人に多く、遺伝、加齢、生活習慣などが原因で起こります。糖尿病は遺伝、加齢による発病は避けられませんが、日本人の糖尿病の95%は生活習慣が原因だといわれています。
そこで糖尿病を予防するためには、生活習慣を見直し食生活の改善が第一です。
食生活の見直しで一番大きいのは食べ過ぎ飲みすぎです。また、朝食をしっかり摂り昼食と夕食を軽めにする、間食や夜食はしないなど、血糖値を高くしない対策が必要です。
そして毎日の適度な運動習慣を身に付け、十分な休養と睡眠時間をとることも重要なことです。
また、ストレスや喫煙もメタボリック症候群を悪化させるため注意が必要です。
糖尿病は自覚症状が少なく発見が遅れがちですが、医療が発達し現在では特定健診で早期に発見できるようになりました。
男性はウェスト85センチ以上、女性は90センチ以上がメタボリック症候群の目安です。
メタボリック症候群うちに生活を改善し、糖尿病を未然に防ぎ予防することがとても重要です。
糖尿病に関する記事は ≫こちら

一生使える毎日の糖尿病献立―めんどうな栄養計算がいっさいいらない 15万とおりのメニューが自由自在

一生使える毎日の糖尿病献立―めんどうな栄養計算がいっさいいらない 15万とおりのメニューが自由自在

  • 作者: 塩沢 和子
  • 出版社/メーカー: 主婦の友社
  • 発売日: 1997/04/01
  • メディア: 大型本



10日間のダイエット生活。和食・洋食・中華の美味しい食事が
あなたを変身させる!【美味しく健康ボックスCCB】

メタボリック症候群と胴回り

メタボ時代の世界初サプリ!!「アディポリック」


メタボリック症候群と胴回り
メタボリック症候群と生活習慣病予防

図解でよくわかるメタボリックシンドローム 内臓脂肪症候群

図解でよくわかるメタボリックシンドローム 内臓脂肪症候群

  • 作者: 和田 高士
  • 出版社/メーカー: 保健同人社
  • 発売日: 2006/11
  • メディア: 単行本



メタボリック症候群と胴回り≫続きはこちら
posted by メタボリック症候群 生活習慣病 記録の細道 at 11:09 | Comment(0) | メタボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メタボリック症候群と薬

メタボリック対策サプリメント


メタボリック症候群と薬
メタボリック症候群と生活習慣病

メタボリックシンドロームリスク管理のための健診・保健指導ガイドライン

近代は医学が進歩し、薬によってあらゆる症状を改善することができるようになりました。しかし薬には必ず副作用があり、人の体に少なからず負担をかけてしまいます。
メタボリック症候群と薬≫続きはこちら
posted by メタボリック症候群 生活習慣病 記録の細道 at 06:22 | Comment(0) | メタボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メタボリック症候群と医療費

下腹ダイエットの決定版!



メタボリック症候群と医療費
メタボリック症候群と生活習慣病

メタボが気になる人の健康ごはん (オレンジページムック)

メタボが気になる人の健康ごはん (オレンジページムック)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: オレンジページ
  • 発売日: 2008/05/17
  • メディア: 大型本


近年日本では特定健診制度が始まり、国におけるメタボリック症候群の予防対策が強化されましたが、その背景には日本の医療費の増大があります。
現在、日本の医療費は年間30兆円を超えています。また今後高齢化社会が進むにつれて、さらに医療費は増え続けていくことが予想されています。メタボリック症候群が進行してさらに深刻な病気にかかると、その治療に高額な費用がかかります。メタボリック症候群の段階で対策を行うことによって国の医療費が抑えられると同時に、各家庭における医療費も抑えられるのです。
増大している医療費の内訳をみると、約3割は生活習慣病、中でも糖尿病に関連した費用が最も多くなっています。そこでメタボリック症候群の人を減らすことが医療費の抑制につながると考えられるのです。
社会保険庁の調査では、肥満、高血圧、高コレステロール、高血糖の4つについて異常がある人は、異常がない人に比べて10年後の医療費が3倍以上になると予想されています。
また喫煙、肥満、運動不足などの不健康な生活習慣によっても医療費は増大すると予想されています。そこで特定健診制度では専門家による運動や食事療法を取り入れ、効率的に生活習慣の改善を図り、生活習慣病を予防することを目指しています。
特定健診は医療保険者が責任を持って実施していくことが義務付けられています。メタボリック症候群とその予備軍の数が5年後には平成20年度時点の10%減、10年後には25%減になることを目標としています。

メタボ茶丸(国産原料使用メタボ対策ダイエットサプリ)



posted by メタボリック症候群 生活習慣病 記録の細道 at 06:35 | Comment(0) | メタボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メタボリック症候群と運動

デトックスティー金の美茶   Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

メタボリック症候群と運動
タボリックシンドロームと生活習慣病予防

メタボリックシンドローム―減らそう!内臓脂肪 (別冊NHKきょうの健康)

メタボリックシンドローム―減らそう!内臓脂肪 (別冊NHKきょうの健康)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 日本放送出版協会
  • 発売日: 2008/06
  • メディア: 単行本



メタボリック症候群の大きな要因の一つに運動不足があげられます。メタボリック症候群の原因である内臓脂肪は、皮下脂肪と比べてたまりやすく減らしやすいという性質があります。
メタボリック症候群が多い中年以上は基礎代謝も落ち、どうしても内臓に脂肪がたまりやすくなります。特に現代は洗濯機、掃除機、電話、FAX、自動車などが普及し、家事でも仕事でもあまり身体を動かす必要がない生活になっています。このような生活は内臓脂肪を蓄積しやすい生活なのです。
そこで内臓脂肪を減らすためには食生活の見直しに加えて、毎日の運動習慣を徹底することが大切です。
運動で身体を活発に動かすと消費エネルギーが増え、たくさんの血糖や脂質が消費されるようになり、内臓脂肪が減っていきます。そして血糖値や脂質異常、高血圧が改善され、メタボリック症候群の予防や改善につながります。
内臓脂肪を減らすのに効果的な運動は有酸素運動です。ウォーキングは続けやすく、毎日の生活に取り入れ安い方法です。
またジョギング、水泳、サイクリングもお勧めの有酸素運動です。またこういった運動以外に日常生活の中で、通勤時に駅のエスカレーターを使わず階段を利用する、一駅分を歩く、買い物に自動車を利用せずに歩くなどの工夫をすることも、毎日続けることによって大きな効果が期待できます。
運動で大切なことは少しずつでも毎日続けることです。無理なく続けられる自分に合った運動を見つけるとよいでしょう。

TANITA 内臓脂肪チェック付き体脂肪計 メタボスキャン チョコレート TF-204-CH

TANITA 内臓脂肪チェック付き体脂肪計 メタボスキャン チョコレート TF-204-CH

  • 出版社/メーカー: タニタ
  • メディア: ホーム&キッチン


金の美茶
posted by メタボリック症候群 生活習慣病 記録の細道 at 12:22 | Comment(0) | メタボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メタボリック症候群と食事バランスガイド

メタボリック症候群と食事バランスガイド
メタボリック症候群と生活習慣病

肥満・メタボ・生活習慣病を根源から解消する タイプ別 メタボリック食事法

肥満・メタボ・生活習慣病を根源から解消する タイプ別 メタボリック食事法

  • 作者: ウィリアム・L・ウォルコット
  • 出版社/メーカー: リヨン社
  • 発売日: 2008/10/28
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


メタボリック症候群の増大が社会問題となる中、2005年には厚生労働省と農林水産省によって「食事バランスガイド」が策定されました。
内臓脂肪の蓄積が原因で起こるメタボリック症候群では、食生活を見直すことが重要な対策です。
しかし具体的な食品や量の目安が身近なところになく、栄養の知識が少ない人や外食の多い人などは栄養のバランスを考えて食事をすることが困難でした。これまでにも政府によって食事の指針が示されていましたが、あまり国民には知られていませんでした。
現在、食事バランスガイドはスーパーなどでポスターやリーフレットで目にする機会が増えています。スーパーでは少し目を止めて家庭でのメニューの参考にし、その場で買い物に生かすことができるでしょう。
食事バランスガイドは、栄養の知識が少ない人でも理解できる内容になっています。イラストはバランスを崩しやすいコマがイメージされ、どの食品が欠けるとバランスを崩しやすいかがすぐに分かります。
内容は食品を6つの区分に分け、それぞれ一日に摂る量の目安を数で示しています。
どの食品がどの区分に入るかは一目でわかるようになっています。自分の食事内容と比較して、不足しているものと摂りすぎているものを簡単に知ることができます。
食事バランスガイドはメタボリック症候群の予防だけではなく、子どもの食育にも活用できる内容です。
それぞれの立場で食事バランスガイドを有効に利用し、メタボリック症候群の危険のない健康な食生活を目指しましょう。
posted by メタボリック症候群 生活習慣病 記録の細道 at 17:03 | Comment(0) | メタボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お父さんのメタボ対策

ドクター玉川岩盤浴免疫ホルミシスマット  Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

お父さんのメタボ対策
メタボリック症候群と生活習慣病

メタボが気になる人の健康ごはん2 春夏編 (オレンジページムック)

メタボが気になる人の健康ごはん2 春夏編 (オレンジページムック)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: オレンジページ
  • 発売日: 2009/02/17
  • メディア: ムック


さてこの時代は大変飽食となり豊かな時代です。
欧米化しつつある日本は、中年期以降の体系が太り気味となってきています。
成人病を防ぐためにも、現在は検診に多くのオプションなども取り入れています。
近年「メタボリック」という言葉が出てきました。瞬く間に広がり、世間でも騒がれるようになりました。
ちょっとおなかの出ているお父さんなどの代名詞ともなりつつあるこの頃です。
「オヤジギャグ」を「メタボギャグ」とさえ言っている時代です。
この「メタボリック症候群」を防ぐためにも、2008年4月から特定検診・特定保険指導の義務化がスタートしました。
この義務化は健康管理が強く求められていることを象徴しています。
そしてこの「メタボ対策」として父の日に健康グッズを贈るのはいかがでしょうか?
健康のためにできることは、食事・運動・生活習慣の改善がキーワードとなってきます。
まずは今の自分を知ることから始めてみましょう。
そのためには測ることです。お腹周りの気になるお父さんのために、ぜひメタボ対策のための家電をご紹介していきましょう。
父の日に贈ってもさほど気にならない、ちょっとした家電が良いでしょう。
例えば体重・体脂肪の計測できる体重計は重宝します。

TANITA 内臓脂肪チェック付き体脂肪計 メタボスキャン ブラウン TF-205-BR

TANITA 内臓脂肪チェック付き体脂肪計 メタボスキャン ブラウン TF-205-BR

  • 出版社/メーカー: タニタ
  • メディア: ホーム&キッチン


まずはお父さんに自分の現状を知ってもらうためにも、体重や体脂肪などを計測する「体組成計」は、すでにお持ちの方もいることでしょう。
この体組成バランス計という商品は、かなりの優れものです。
今まで見てみないフリをしてきた皮下脂肪の厚さまでキッチリ計測できてしまうから驚きです。

ミニ体脂肪計クロック ブラック

ミニ体脂肪計クロック ブラック

  • 出版社/メーカー: デザインファクトリー
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品




posted by メタボリック症候群 生活習慣病 記録の細道 at 11:01 | Comment(0) | メタボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メタボリック症候群【睡眠不足】




医師が考案した低反発枕「お医者さんのぐっすりまくら」 Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

メタボリック症候群と睡眠不足
メタボリック症候群と生活習慣病

睡眠は体と脳を休ませるために欠かせないもので、健康維持に大きな役割を果たしていますが、メタボリック症候群とも少なからず関係しています。
必要な睡眠時間には個人差がありますが、多くの人は8時間眠れば十分だと言われます。
質の良い睡眠を十分に摂ると新陳代謝が促され、昼間疲れた体を修復することができます。またストレスを発散する効果もあります。
ある調査によれば、睡眠時間が4時間以下の人は7時間から9時間眠る人に比べて、メタボリック症候群の原因である肥満になりやすいという結果が出ています。
また5時間眠る人は8時間眠る人に比べて血液中の食欲刺激物質の量が少ないという結果があります。こういったことから、起きている時間が長いとつい食べ過ぎてしまい、睡眠不足が続くとホルモンのバランスが崩れて満腹中枢が正常に機能しなくなるため、食べ過ぎを起こしてしまうと考えられています。
また、睡眠時間が短い中高年に高血圧の人が多いという研究結果もあります。睡眠時間が十分とれている人は心拍数が低下して血圧が降下しますが、睡眠時間が短い人は心拍数が高くなり心血管系の負担を大きくするのです。
さらに、睡眠不足は集中力の低下や感情のコントロール力の低下など、生活のさまざまなところで悪影響を及ぼし、メタボリック症候群になりやすい体質になります。
近年注目されている睡眠時無呼吸症候群は睡眠中に呼吸が止まる病気ですが、睡眠が分断されるため睡眠不足に陥ります。
肥満が原因で発症することが多い病気で、メタボリック症候群の人は注意が必要です。


睡眠時無呼吸症候群―循環器科医必須知識

睡眠時無呼吸症候群―循環器科医必須知識

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: メジカルビュー社
  • 発売日: 2008/09
  • メディア: 単行本



posted by メタボリック症候群 生活習慣病 記録の細道 at 16:43 | Comment(0) | メタボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メタボリック症候群の原因とは?

メタボリック症候群の原因とは?
メタボリック症候群と生活習慣病

メタボリック症候群(メタボリックシンドローム)になる原因は主に生活習慣と考えられていますが、具体的に次のようなことが挙げられます。
まず食生活で高カロリーな食事ばかり摂ると、メタボリック症候群になりやすくなります。
また偏食や不規則な食生活でも内臓脂肪を蓄積しやすくなります。
メタボリック症候群の予防、解消のためには栄養のバランスの取れた食事を毎日三食、規則正しい時間帯で摂ること、そして野菜中心の食事に魚介類を取り入れ、肉類を取る回数を減らすことなどが理想です。
そして睡眠もメタボリック症候群の重大な原因です。
一日7時間から8時間ぐっすり眠っていれば健康的な睡眠といえますが、睡眠時間が6時間以下や9時間以上の人に糖代謝異常が多く見られ、また睡眠不足の人が肥満になりやすいという報告もあります。
睡眠は体の休息、ホルモン分泌に大きく関わっており、適切な睡眠時間を規則的に摂ることがメタボリック症候群の予防になり、そして、生活習慣病にかかってしまう要因になります。
そして運動不足も健康には悪影響です。メタボリック症候群はカロリー消費や内臓脂肪の燃焼、ストレス発散のために運動は欠かせないことです。毎日無理のない運動を習慣的に行うことが大切です。
また過度なストレスも中性脂肪を増加させ、高血圧や高脂血症などの生活習慣病になりやすくなります。運動や自分の趣味などでストレスを解消するようことが大切です。
タバコやお酒などの嗜好品もメタボリック症候群の重大な原因の一つです。特にたばこはメタボリック症候群の症状をさらに深刻にしてしまうため禁煙する必要があるでしょう。


posted by メタボリック症候群 生活習慣病 記録の細道 at 16:42 | Comment(0) | メタボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
添加物は気になりませんか?
人とペットの安心で安全な無添加食品『我が家の自然食本舗』

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。