元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀出来事

金融 証券食品 料理文化 ギフト美容 結婚仕事 資格教育 学校旅行 観光人気 流行
運勢 未来健康 医療golfPet
人気ブログランキングへ メタボ対策サプリ | メタボ 食事コントロール法 | がん患者のかたへ
メタボリック症候群高血圧動脈硬化糖尿病がん治療腎臓病食事療法

ウイルス性肝炎対策

48時間採取の新鮮なローヤルゼリー


ウイルス性肝炎対策
メタボリック症候群と生活習慣病予防


人生の幸せは肝臓で決まる

人生の幸せは肝臓で決まる

  • 作者: 阿部 博幸
  • 出版社/メーカー: 青萠堂
  • 発売日: 2007/06
  • メディア: 単行本


日本のB型肝炎C型肝炎の患者数は合わせて約300万人で、日本最大の感染症となっています。
そのため、日本ではウイルス性肝炎への対策に取り組んでいます。
2008年から、その対策の1つとしてB型肝炎とC型肝炎のインターフェロン治療への医療費助成が開始されています。
そして、インターフェロン治療への医療費助成を柱として、肝炎ウイルス検査の促進、肝炎に対する正しい知識の普及、研究推進、健康管理、肝硬変・肝臓がん患者への適切な対応など、この病気への新たな総合的な対策が実施されています。

肝炎の治療には、インターフェロンやウイルスの増殖を抑える抗ウイルス薬を投与する抗ウイルス療法と、抗ウイルス療法で効果が得られない場合に行う肝庇護療法があります。
インターフェロンによって、B型肝炎は約3割、C型肝炎の場合は約5〜9割の人が、根治が可能です。
インターフェロンは副作用が強い薬であるために医者との充分な相談が必要です。
インターフェロンとは、ウイルスや細菌に感染した時に、体の細胞が作り出すタンパク質の一種です。
B型肝炎とC型肝炎の治療だけでなく、がん治療などの病気にも用いられます。
しかし、インターフェロンでの治療は高額のため、その治療を行う人が多くはありませんでした。
そこで、早期治療を促し、肝硬変や肝臓がんに進行させないための対策の1つとして、インターフェロン治療への医療費助成が決定されたのです。
インターフェロン治療の医療費助成額は、世帯所得によって自己負担限度額は1ヶ月につき1万〜5万円です。
病気に万が一かかっても、このような助成などを活用し、病気の早期治療によって大切な命を守ってください。

人生の幸せは肝臓で決まる≫続きを読む
posted by メタボリック症候群 生活習慣病 記録の細道 at 06:44 | Comment(0) | 病気ウィルス対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

RSウイルス感染症

家族みんなで滅菌・消毒の習慣を!高濃度銀イオンがウイルスを叩く!


ウイルス対策

momobgyoko.JPG

RSウイルス感染症
メタボリック症候群と生活習慣病

RSウイルス感染症は冬に多い病気です。
RSウイルスが気管や喉などの気道に感染し、軽い風邪の症状から肺炎まで、様々な症状を起こします。
乳幼児がこのウイルスに感染すると影響が大きく、初めての感染の場合1/3が肺炎などの下気道疾患を起こします。
乳児の約70%が1歳までで感染し、2歳までには100%の幼児が感染すると言われます。
また、1度かかっても免疫が充分につかないため、何度でもかかる病気ですが、再感染の度に症状は軽くなります。
年長児や成人がウイルスに感染しても、症状は軽度で済む場合が多くなります。

RSウイルス感染症は世界中で発生し、お母さんの抗体をもらった6ヶ月未満の赤ちゃんも感染し、乳幼児は重症化しやすい病気です。
症状は発熱や鼻水、咳などで1?2週間で回復します。
しかし、乳幼児は風邪の症状から肺炎や細気管支炎などの下気道疾患へと移行することが多いので注意が必要です。
現在、RSウイルス感染症のワクチンはありません。

RSウイルス感染症は飛沫感染や接触が原因となって感染するので、感染予防としての対策は、手洗いやマスクの着用です。
RSウイルスは石鹸やアルコールに弱いので、しっかりと手を消毒しておきましょう。
また、この病気はたばこの受動喫煙で感染リスクが高くなります。
特に冬は窓を閉めきるので、そのリスクが大きくなります。
RSウイルス感染症をはじめとして肺炎などの病気にかからないための対策として、小さな子どもがいる家庭では、家族は喫煙を控えることが望ましいのです。

サラヤ ハンドラボ 消毒用ハンドアルコール 300ml

サラヤ ハンドラボ 消毒用ハンドアルコール 300ml

  • 出版社/メーカー: サラヤ
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品



posted by メタボリック症候群 生活習慣病 記録の細道 at 17:58 | Comment(0) | 病気ウィルス対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

麻疹(はしか)





momobgyoko.JPG

病気ウィルス対策
麻疹(はしか)
メタボリック症候群と生活習慣病

麻疹(はしか)は、麻疹ウイルスによる感染症で、赤い発疹が全身に広がり、38度前後の高熱が出ます。
感染力が高く、感染した95%の人が発症する病気です。
麻疹への対策はワクチン接種が効果的です。
日本では、2006年から風疹と麻疹の対策として予防接種は1歳と小学校入学前に2回受けることになりました。
麻疹のワクチンは1度接種では免疫が付かない人もいるからです。
そのために、麻疹のウイルスを持った人がアメリカなど海外で発症し、ウイルスを広めてしまう問題も起こりました。
そして、2007年に大学生をはじめ10代から20代の年齢層に麻疹が流行しました。
2006年以前は予防接種を1度しか受けていないため、免疫を持たない人が多くいたためです。
そのため、厚生労働省は、1度しか予防接種を受けていない人のために、2度目の接種の機会を設けました。
それが、中学1年と高校3年での麻疹の予防接種で、公費で受けることができます。
期間が限定されており、平成20年4月1日〜平成25年3月31日までの接種となります。
また、2006年より、麻疹と風疹混合のMRワクチンの接種となっています。
このため、中学1年と高校3年での麻疹の予防接種を受けられない人は、自費で予防接種を行う必要があります。
15歳以上で感染すると重症になる確率が高くなります。
肺炎や脳炎を併発する可能性が高くなるので、病気にならないため、重症化させないためにも対策として予防接種は重要なのです。



メタボリックシンドローム対策サプリメント
posted by メタボリック症候群 生活習慣病 記録の細道 at 09:19 | Comment(0) | 病気ウィルス対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウイルスの感染経路





momobgyoko.JPG

新型インフルエンザ 病気ウィルス対策
ウイルスの感染経路
メタボリック症候群 生活習慣病

新型インフルエンザの国内感染が拡がり始めれいます。感染者も100人を超えました。新型インフエンザなどのウィルスがどのような感染経路を辿るのでしょうか。
何点かのの感染経路について記述したいと思います。ウイルスは様々な方法で感染し、病気を発症します。
感染経路を知っておくことは、感染経路を遮断して感染を防止するなど、病気への対策を考えるために大変重要です。

感染経路には、下記のようなものがあります。

・飛沫(ひまつ)感染
ウイルスなどの病原体が咳やくしゃみなどによって空気中に拡散し、その病原体を吸入することで感染するのが飛沫感染です。
インフルエンザや風疹など様々な病気の感染経路です。

・経口感染
ウイルスに汚染された食品や水などの摂取や、感染者の便などの始末によっての感染です。
A型肝炎、ポリオ、ロタウイルスなどがあります。

・接触感染
ウイルスに感染した人との性行為など、皮膚や体液に接触し、感染者の使ったタオルなどが感染経路です。
ウイルスの接触感染による病気には、エイズや流行性角結膜炎などがあります。

・昆虫媒介感染
昆虫に血を吸われる際にウイルスが感染します。
蚊によってウイルスが媒介される日本脳炎・テング熱、マダニによるアルボ・ウィルス感染症などがあります。

この他にも、母から子へ伝わる子宮内感染(妊娠初期の風疹による感染など)、B型肝炎の感染の1つである経胎盤感染などの種類があります。

感染経路によって、ワクチン接種、消毒用エタノールを使う、マスクやうがい、タオルなどを共用しない、などのウイルスに感染しないための対策を講じることができます。
海外旅行の際には、これらの感染経路を知っておいて病気への対策をしっかり頭に入れておきましょう。



エコポイント制度スタート!家電品のあまりの安さにテレビ、雑誌の取材殺到!
激安!家電のタンタンショップは
こちら!


携帯電話と最新デジタルガジェットセット


【楽天トラベル】あっつい夏がやってきた!夏の旅行特集


posted by メタボリック症候群 生活習慣病 記録の細道 at 22:15 | Comment(0) | 病気ウィルス対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不織布製マスクの使用方法





momobgyoko.JPG

病気ウィルス対策
不織布製マスクの使用方法
メタボリック症候群 生活習慣病

新型インフルエンザがとうとう、国内感染が発生しました。
これからどのような拡がりをみせるのか非常に心配ですが、では、感染予防に有効なマスクの使用法について説明します。
病気の感染予防の対策に有効な不織布製マスクは、1日1枚程度の使用で、原則として使い捨てのマスクです。
マスクのフィルターにはウイルスや細菌などの病原体が付着している可能性があるので、着用中はできるだけ触らないようにしましょう。
また、不織布製マスクを着用していても飛沫を吸い込むことを完全に防止はできません。
より有効な対策としては、症状のある人に近づかない、人混みの多い場所に行かない、手洗いなどの感染予防が優先されます。

病気にかかり、咳・くしゃみの症状がある人は、周囲の人に病気を感染させないために外出を控えてください。
外出の必要がある人は、ウイルスや細菌を含んだ飛沫の飛散防止のため、不織布製マスクをしましょう。
小児用の不織布製マスクも販売されています。
幼児が不織布製マスクを使用する際は、保護者など大人が正しく着用させてください。

不織布製マスクを着用するときは、必ず使用説明書を見て、それに従って着用してください。
まず、鼻や口・顎をマスクで覆います。
特に、鼻と口は確実に覆ってください。
プリーツ型マスクは、プリーツを上下に広げることで覆うことができます。
隙間をなくすために、鼻筋の部分も顔にフィットさせてください。

マスクを外すときは、表面に触れないようにはずし、ビニール袋に入れ、袋の口を閉めて廃棄してください。
そして、インフルエンザウイルスが手や指に残っている可能性を考え、マスクをはずした後の手洗いも忘れてはいけません。

不織布製マスクを正しく使用することが、新型インフルエンザへの大きな対策として効果を発揮するのです。







posted by メタボリック症候群 生活習慣病 記録の細道 at 08:15 | Comment(0) | 病気ウィルス対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エマージングウイルス

新型インフルエンザ対策
エマージングウイルス
メタボリック症候群 生活習慣病

2003年、中国で発生したSARS(重症急性呼吸器症候群)は、世界を震撼させました。
その時の致死率は、9.6%です。
SARSの原因となるウイルスは、新型のコロナウイルスとわかりました。

ワクチン接種や抗生物質投与などによる感染症の対策が進み、1980年、WHO(世界保健機関)は天然痘の根絶宣言を行いました。
その他の感染症も、ワクチン接種などによって、根絶されていくだろうと思われていました。
しかし、翌年の1981年にエイズが発生し、その後も次々と新しい感染症が現れてきました。

これまでに確認されていなかった感染症で、局地的あるいは国際的に大きな問題となる感染症を進行感染症(エマージングディジーズ・エマージング感染症)と言い、この感染症の原因となるウイルスがエマージングウイルスです。
エマージングウイルスは、上で述べたSARSの原因ウイルスであるSARSコロナウイルスの他、エイズのウイルスであるHIV、高病原性トリインフルエンザのトリインフルエンザウイルスなどがあります。
肝炎のウイルスであるC型肝炎ウイルスもエマージングウイルスであり、C型肝炎は肝硬変や肝臓がんへ移行する危険性のある病気として、社会的に問題となっています。

エマージングウイルスは野生動物を宿主とするウイルスで、野生動物に感染しても、病状はないか、軽い症状で収まっています。
しかし、それが人間に感染することによって健康に大きな被害を与える感染症を引き起こしているのです。
進行感染症が、次々と起こる背景には、森林破壊や世界人口の増加、野生動物の輸入・飼育などによって人間と野生動物との距離が近くなったことが一因とも言われています。
環境破壊による影響は、このような未知のウイルスによる病気の発生・拡大という状況も作り出しているのです。

進行感染症の対策としては、エイズの場合、性教育などによる予防対策が重要となります。
新型インフルエンザなど今後起こる可能性のある病気に対して、世界全体での監視体制も必要とされています。



お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ

posted by メタボリック症候群 生活習慣病 記録の細道 at 08:27 | Comment(0) | 病気ウィルス対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ノロウイルス

病気 ウィルス対策
ノロウイルス
メタボリック症候群と生活習慣病

ノロウイルスは、感染性胃腸炎の原因となるウイルスの1つです。
感染性胃腸炎の原因には、ノロウイルスの他、細菌、ウイルス、寄生虫などの病原体があります。
感染性胃腸炎の原因となるウイルスには、ロタウイルス、腸管アデノウイルス、ノロウイルスなどがあります。

ノロウイルスによる食中毒は、年間を通して起こりますが、特に秋から年末が発生のピークとなります。
ノロウイルスによる感染性胃腸炎や食中毒は、経口感染によって広がります。
症状は、嘔吐、下痢、腹痛などで、おおむね軽症ですが、幼児や高齢者は重症になる場合があるので注意が必要です。
症状は1〜2日です。
このウイルスに対する抗ウイルス薬はなく、脱水症状を抑え、体力を消耗しないよう対処療法が取られます。
感染の原因には、感染した人が調理したものを食べて感染する、ノロウイルスに汚染されたカキなど2枚貝を食べる、感染者の吐しゃ物や便を処理した時、人の多い場所での飛沫感染などがあります。

食品にウイルスが含まれている場合でも、ノロウイルスは熱に弱いので、中心温度85度で1分、しっかり熱を通すことで感染を防止できます。
調理用具や手指から感染がないように、しっかりと消毒することも大切です。
エタノールでの消毒はノロウイルスには効果がないので、調理用具も熱湯での消毒をしてください。
ノロウイルスに感染しても症状が出ない場合もありますが、症状がなくてもウイルスの排出はあります。
ウイルスの排出は長いと1ヶ月続きます。
ノロウイルス感染への対策は、感染しないための対策と同時に、自身がウイルスに感染している可能性を考えて、普段から衛生に気をつける必要があります。
ウイルスが原因の病気はノロウイルスの他に多くの病気があります。
感染しないためにも、ウイルスに対する知識を持ち、対処をこころがけてください。



お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ

posted by メタボリック症候群 生活習慣病 記録の細道 at 08:34 | Comment(0) | 病気ウィルス対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
添加物は気になりませんか?
人とペットの安心で安全な無添加食品『我が家の自然食本舗』

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。