元気100選総合トップトップページ新着記事20世紀出来事

金融 証券食品 料理文化 ギフト美容 結婚仕事 資格教育 学校旅行 観光人気 流行
運勢 未来健康 医療golfPet
人気ブログランキングへ メタボ対策サプリ | メタボ 食事コントロール法 | がん患者のかたへ
メタボリック症候群高血圧動脈硬化糖尿病がん治療腎臓病食事療法

メタボリック症候群とグッズ

体内の不要なモノをしっかり出して体内美人へ「金の美茶」

メタボリック症候群とグッズ
メタボリック症候群と生活習慣病予防

現在メタボリック症候群が社会問題となっていますが、近年特定健康診査が導入され、次々とメタボ解消グッズが販売されるようになりました。その種類は食品からお茶、サプリメント、体重計、運動機器に至るまで多様です。
中でも家庭で検査できる機器は自己管理に便利で人気があります。メタボリック症候群は日常生活に問題があることが多いため、自分の体のデータを継続的に知ることは自己管理に役立ちます。自分で体脂肪を測ったからといってメタボリック症候群が解消するわけではありませんが、自分の体を知り、健康管理の習慣がつくという意味ではとても有意義なものです。
TANITA 高精度測定 体組成計 インナースキャン50  パールホワイト BC-300-PR家庭用の体重計では多機能で優れたものが次々に販売されています。メタボリック症候群の人にお勧めなのは、体脂肪、内臓脂肪、基礎代謝、筋肉量、推定骨量などを測定できる機器です。自分で測ったデータを数か月間残しておくことができます。家庭で測れる血圧計、尿糖計、心電図計なども検査値が気になる人は積極的に利用するとよいでしょう。
またダイエットグッズはもともと豊富な種類が販売されていましたが、近年メタボリック症候群が注目を集めるとともに、いっそう市場が過熱しているようです。乗馬マシーンや振動マッサージ器などが人気を集めています。
他にもさまざまなグッズがありますが、メタボリック症候群の解消のためにはグッズに頼りすぎないようにしなければなりません。一番大切なことは生活習慣の見直しであり、グッズはその補助的なものとして取り入れると効果的です。

体年齢付MA332 6機能健康体重体組成計体脂肪計体重計ヘルスメーター

体年齢付MA332 6機能健康体重体組成計体脂肪計体重計ヘルスメーター

  • 出版社/メーカー: ITEK
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品





posted by メタボリック症候群 生活習慣病 記録の細道 at 16:17 | Comment(0) | メタボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メタボリック症候群とストレス

メタボリック症候群とストレス
メタボリック症候群と生活習慣病予防

ストレスチェックノート―早めに気づき、自分でコントロールストレス社会と言われている現代ですが、ストレスはメタボリック症候群と非常に深く関わっています。
適度なストレスは脳の刺激になりますが、過度なストレスは体に悪影響です。過度なストレスによってイライラし暴飲暴食が続くと、肥満やメタボリック症候群の危険性が高くなるのです。
なぜなら私たちの脳がストレスの影響を受けやすいため、食欲中枢の働きがうまくできなくるという調査結果がでているのです。
またストレスによって飲酒の量やたばこの本数が増え、睡眠不足を起こすなど、メタボリック症候群の大敵である不健康な生活習慣につながりやすくなります。
さらに私たちの体は、守ろうという脳の働きにより、血液中のコレステロール濃度が高くなり血液をドロドロの状態にしてしまいます。ドロドロの血液の状態では高血圧、脂質異常を起こすなど、ますますメタボリック症候群の危険性が高まります。
できるだけストレスはため込まず、早く解消することが大切で、悩みがあれば信頼できる人や専門家に相談して解決を図るようにしましょう。
ストレスの解消方法は自分に合った方法が一番ですが、メタボリック症候群の人にお勧めなのは運動です。
体を動かすことに集中し、ストレスの原因を一時忘れて気持のよい汗をかけば、ストレス発散と同時に内臓脂肪を燃焼し、メタボリック症候群の解消が期待できます。
また自分の好きなことを思いっきりすることもストレス解消に効果的です。旅行やカラオケ、音楽など自分の好きなことを見つけ、時には思いきり楽しむこともよい方法です。

自律神経にやさしい音楽

自律神経にやさしい音楽

  • アーティスト: 広橋真紀子
  • 出版社/メーカー: デラ
  • 発売日: 2007/07/25
  • メディア: CD



タイの高級スパ御用達! 日本初上陸のアロマキャンドル
posted by メタボリック症候群 生活習慣病 記録の細道 at 10:23 | Comment(0) | メタボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メタボリック症候群とウォーキング

メタボリック症候群とウォーキング
メタボリック症候群とウォーキング

正しい歩き方がわかる 楽しい健康ウォーキング入門 (かんたん健康)

正しい歩き方がわかる 楽しい健康ウォーキング入門 (かんたん健康)

  • 作者: 園原 健弘
  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • 発売日: 2005/10/07
  • メディア: 大型本


メタボリック症候群では運動をすることが有効な解消法ですが、中でもお勧めなのがウォーキングです。
ウォーキングは有酸素運動の一つですが、有酸素運動により身体を活発に動かすと、エネルギーとしてまず血液中の糖分、次に肝臓や筋肉の中のグリコーゲン、そして脂肪細胞の中の中性脂肪という順番で使われていきます。
ウォーキングをすることにより、皮下脂肪より先に内臓脂肪が消費されるためメタボリック症候群の解消が十分に期待できます。
毎日決まった時間にウォーキングをする方法もありますが、なかなか続かないという人は通勤時の移動の手段にウォーキングを組み込む、エレベーターやエスカレーターを使わず階段を利用するなど、日常生活のさまざまな場面で工夫をする方法は続けやすくとても効果的です。
ウォーキングでは20分続けると脂肪が燃焼し始めると言われますが、内臓脂肪を減らすためには最低でも一日合計60分は歩くことが望まれます。
ただし最初無理をしてしまうとその後続かなくなってしまいますので、それぞれの体力に合わせて目標を決めて徐々に歩数を増やすことが大切です。
SATO G(加速度)センサ式 カード型歩数計 ブラック GC-431 また、万歩計などを用いて歩数などもチェックすればよいでしょう。
ウォーキングに慣れてきたら、歩幅や姿勢に注意しながら歩くとより心身に負担をかけずに効果を高めることができます。
ウォーキングの姿勢は背筋を伸ばし、歩幅は少し広めに取り、腕は大きく振るように心掛けます。
姿勢を正すことで怪我や身体の負担を軽減することができます。
ウォーキングはメタボリック症候群の解消だけではなく、健康増進やストレス発散、持久力向上などさまざまな効果が期待できる運動です。
ウォーキングを、ぜひ毎日の習慣にしたいものです。

オムロン)ウオーキングスタイル HJー302−K

オムロン)ウオーキングスタイル HJー302−K

  • 出版社/メーカー: オムロン
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品




メタボリック症候群≫続きはこちら
posted by メタボリック症候群 生活習慣病 記録の細道 at 19:00 | Comment(0) | メタボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。